この伝承もまたウマル(アッラーよ彼を嘉したまえ)の権威による。彼は伝えている。

ある日われわれがアッラーの御使い(アッラーよ彼に祝福と平安を与えたまえ)と一緒に坐りこんでいると、真白な服を身にまとい、真黒な髪をした男がこちらにやってきた。この男には旅をしてきたという風情は少しもなかったが、われわれは誰も彼を知らなかった。彼は預言者(アッラーよ彼に祝福と平安を与えたまえ)の前に膝と膝をつきあわせて座り、両の掌を両腿の上に置いた姿勢でこう訊ねた。「ムハンマドよ、イスラームについて説明願いたい。」するとアッラーの御使い(アッラーよ彼に祝福と平安を与えたまえ)は答えた。「イスラームとは、アッラー以外に神はなく、ムハンマドはアッラーの御使いであると証言し、礼拝を行ない、喜捨を払い、ラマダーン月に断食し、可能な場合に〔アッラーの〕家に巡礼を果すことです。」すると男はいった。「その通りだ。」われわれは預言者にこのような質問をし、その答えに肯く男に驚きの眼をみはった。

男はまた訊ねた。「それではイーマーン〔信仰〕について説明して欲しい。」すると預言者は答えた。「それはアッラーとその諸天使、〔啓典の〕書と使徒たち、審判の日、善悪二つの相をもって〔アッラーが定めたまう〕宿命を信ずることです。」男は「その通り」と繰り返してから訊ねた。「それではイフサーン〔善行〕について話して欲しい。」預言者は答えた。「それは貴方がまじまじとアッラーを見るように彼を敬い崇めることです。貴方が眼にしていなくとも、アッラーは貴方を見ておられるのですから。」

そして男が件の時〔最後の審判の日〕について訊ねると、預言者は答えた。「その問題については、訊ねられた者も訊ね手以上に知っている訳ではありません。」男がさらにその〔時がやってくる〕徴候について訊ねると預言者はこう答えた。「奴隷女が女主人を産み、また貴方は、はだしで素っ裸の文なし牧童どもが、競って豪華な殿堂を建てる姿を見かけるでしょう。」そこで男は立ち去り、私はそのまま暫らくじっとしていたが、預言者がこう訊ねられた。「ウマルよ、いろいろものを訊ねたあの人が誰だか解るかね。」私は答えた。「アッラーとその御使い〔だけ〕が御存知です。」すると預言者は言われた。「あの方は天使ジブリールだよ。お前たちにお前たちの宗教について教えるためにいらっしゃったのだ。」

サヒー・ムスリム

前回はこのハディースの前半を見て、イスラーム(礼拝行動)、イマーン(信仰)、とイフサーン(アッラーに対する意識)の関係について書いた。常に正しいニーヤ(心構え)を持って、やるべきことをキチンとこなして、避けるべきことをやらないように気をつけることが礼拝で、そのベースの上に信仰と意識が生まれてくる。

アッラーを目の前で見えるかのように生きるのが目的だが、預言者モハマド(彼にアッラーの平安あれ)を含めて人間たち誰も実際に見たことがないので、なかなか難しいことだ。人の目で見たことの無い、人の心が想像したことも無いほどアッラーの美しい姿を見るのが天国の1番大きな喜びだ。見える日を待ち遠しく思えると忍耐を持って正しく振る舞うことがより簡単になるから、アッラーに見られていることを常に意識できるように頑張りましょう。

そして男が件の時〔最後の審判の日〕について訊ねる

イスラムでは現世での生活は試験的な期間であると教えられる。全ての人間は死後にアッラーの審判を受けて、罰や報いを与えられる。

アッラーは,天と地を真理によって創造なされた。そして各人は,その行ったことに対して報いられ,不当に扱かわれることはないのである。

クルアーン45:22

生きている間にイスラムのメッセージを理解できるような形で聞く機会がなかった人も少なくない。(例えイスラムのこと初めて聞いた時は老衰していた、重い精神病で正気じゃなかった、脳の発達障害があった、または単に完全に話を聞いていなったという人。)審判の日にその人たちのためのメッセンジャーが来て、話が分かるように説明する。その後は彼らはアッラーの道を歩みたいか自分の判断や力でやっていきたいか決めさせられる。

われの慈悲は,凡てのものにあまねくおよぶ。

クルアーン7:156

毎日の生活の中でも、いつか自分の言動が審判されることを忘れてはいけない。それについて昔のイスラム学者イブン・カイイムは「自分がすでに死んでいて、地球へ戻って生きるのに1日だけ与えられたかのように生きるべきだ」と言っていた。毎日必ず人生の目的は何であるか、何が大切で何がそうでないかを忘れないように気を付けましょう。

「訊ねられた者も訊ね手以上に知っている訳ではありません 」

審判の日が来るタイミングが知っているのはアッラーのみ。預言者たち(彼らにアッラーの平安あれ)や天使ジブリールでさえ分からないことだから、人間で「審判の日がいつ来るのかを知っている・予測できる」言ってくる人がいれば要注意。いつなのかは誰も分かることできないから、いつ来ても困らないような生活をするように頑張りましょう。

「徴候(前兆)について訊ねる」

私たちの持っている(審判の日の前兆を含めて)目で見えないことについての知識、全て啓示から来ている。すでに起こった前兆があれば、これから起こるのもある。 前兆の中に今起こっているか、またすでに起こったかは明確でない判断しづらいものもある。確実にこれから起こるという前兆まだ残っている限りは聞いて分かりにくい 前兆あまり気にし過ぎなくて良いでしょう。

「 奴隷女が女主人を産み」

これはすでに終わっている徴候の一つ。クルアーンとハディースでは奴隷についてのルールが色々と書いてある。それについて言えることが多いが、簡単にまとめると当時は雇用じゃなくて奴隷制度で作り上げられた社会だったことを覚える必要がある。

イスラム教の普及によって奴隷たちの権利が大幅に増え、奴隷を手に入れる方法が減って、奴隷に自由を与えることを強く促されたため奴隷の人数が急激に減った。また、現代は人を奴隷にする方法は基本ないので、禁じられてないとは言え、あまり気にしなくても良いと思う。

「競って豪華な殿堂を建てる姿」

これはちょうど現代起こっている現象だという可能性は充分にあると思う。最近は高い建物を作るのに競争している人々は確かに多い。

「 そこで男は立ち去り」

その不思議な男性が去った後、すぐに上からの立場で教えてないで、最初はみんな考えさせるために質問をした。そして、その男性は天使ジブリール(啓示を人間たちに伝える役を与えられた天使)だったと教えた。

このハディースから学べること

教える時のマナー:預言者モハマド(彼にアッラーの平安ありますように)が外から見たら誰が教えているか分からないように皆と一緒になって座っていたこと、赤の他人が入って来ても追い出さないで歓迎したこと、そして周りのみんな考える機会を与えたことによって先生の基本的なマナーのいくつかが紹介されました。

学ぶ時のマナー:天使ジブリールの行動によっては礼儀正しい形で丁寧に質問をする大切さを教えられる。また、実際に勉強会に顔を出すと物事の内容だけでなく、正しい振る舞え方やマナーも学べることを思い出される。

天使について:光から作られた天使たちについていくつかのことを学べる。彼らはアッラーに役割を与えられて、その義務を完璧に果たす存在で、色々な形で現れることが出来る。命じられたことを逆らわないことが人間と大きく違う点の1つだと言える。

イスラムの大切さ:イスラム、イマーン、イフサーンという3つの段階の中でベースになるのはイスラム(礼拝行為)。他よりも早く身につける必要がある。イスラムとイマーン両方を含める六信五行を少しずつ丁寧に学ぶと良いでしょう。