Sunnah Smile Japan

スンナ・スマイル・ジャパン

ハディース

イスラム教では多くの人に知られているクルアーン(アッラーの言葉)の他に、もう一つの大切な情報源がある。預言者モハマド(彼にアッラーの平安あれ)の言行のことで、当時の人たちが書いたハディースという伝承から学べる。

アッラーからの御光と、明瞭な啓典が今正にあなたがたに下ったのである。

クルアーン5:15

預言者モハマド(彼にアッラーの平安あれ)の言葉と行動自体はクルアーンみたいな啓示なので、非常に良い手本になる。参考にするのはもちろん大切だが、それぞれの伝承はあくまで人間の記憶から記録したもので、誰によって伝わってきたか、また複数人に同じ内容で伝わってきたかによって自信が持てるかどうかが決まる。

多くのハディースは複数人が見て、複数人が同じ内容で記録した言葉や行動になるが、たまには信頼できそうな1人の方が預言者モハマド(彼にアッラーの平安あれ)をこう言っているところを見ました」と伝えてきたことも記録している方もいたので、承集の中で弱いハディースと呼ばれる信頼度の低めなハディースもたまに出てくる。分からない時はハディースに詳しい学者に聞くと良いでしょう。また、インターネットでは時々ハディースから引用したかの出し方でので、疑わしい内容のあるものを見たらまず実際に伝承集に入っているかどうかを確認すると良いでしょう。

ハディース集の中でサヒー・ブハーリとサヒー・ムスリムという2つの伝承集がとても有名で、1番信頼度の高い伝承集である。

イスラムというのは宗教だけではなく生き方なので、礼拝意外のことについての教えも多くある。の有名な伝承集は6つ以上ある。