Sunnah Smile Japan

スンナ・スマイル・ジャパン

クルアーン

クルアーンというのはイスラム教の大切な情報源の一つです。現代は本という形のものをよく目にしますが、本当のクルアーンは口伝です。 クルアーンというアラビア語は「詠唱すべきもの」という意味です。預言者モハマド(彼にアッラーの平安あれ)と当時のムスリムたちを始め、何百万人の人々が丸ごと覚えて口で伝えてきた言葉です。

クルアーン55章 慈悲あまねくお方章

参考になるアラビア語から翻訳されたクルアーンは多くあります。しかしアラビア語じゃなくなった時点で啓示されたアッラーの言葉じゃなくなりますので、翻訳されたものは悪までお勉強のための道具です。

確かにわれらは、アラビア語のクルアーンを啓示しました。あなた方が了解できるように。

クルアーン12:2

当時の多くのアラビア人と同じように、預言者モハマド(彼にアッラーの平安あれ)は文盲でした。クルアーンは預言者モハマド(彼にアッラーの平安あれ)が自分で考えて書いたものではありません。啓示られた全知全能の創造主アッラー自身の言葉です。

インシャラー(アッラーの御意思なら)クルアーンは人間によって作られたものではなく、本当に創造者の言葉であるという事実に自信が持てる理由をいくつか紹介したいと思っています。そしてクルアーンの114章を一つずつ簡単に紹介したいと思っています。